「…………承知した」

かんなみ くおん
神波 久遠
びゃくえん
白炎
階級
中佐
年齢/性別/身長
24/男性/187

戦争孤児。
ヤオ・ローレン僧侶の営む孤児院で育ち、健康な体と従順な思考を見初められ雛鳥へと推薦された。
雛鳥時代に身長がぐんぐんと伸び、狙撃の腕をめきめきと上げ、そして命令に従順な態度を気に入られ、14のときに卒業することとなる。

その後、様々な隊を転々とするが長続きしなかったのは久遠があまりに口下手すぎたせい。
はじめから家族もおらず、率先して他人と関わる性格ではなかったため、コミュニケーション能力が著しく欠けている。
他人との触れ合いを嫌っているわけではなく、単純に自分の想いの伝え方を知らないだけである。
そのため頷いたり首をかしげる等の身体的行動で態度を示すことが多い。

現在はグラン・シャリオ少将率いる北斗隊に落ち着いている。
考えて動く前に具体的で理解しやすい作戦と的確な指示を飛ばしてくれるため動きやすい。
決して馬鹿ではないが、回りくどい命令に考えすぎてしまったり、言葉の意味を汲むという能力に乏しいため、北斗少将の隊は居心地がとても良いらしい。

雛鳥出身ではあったが、元から白国にとても従順だったため、精神的な指導は受けていない。
そのため自分の名を持ち続けているが、雛鳥としての「紅冠」という名前で久遠を呼ぶ者も多い。



親/ID
雀ちゅん太/@ss_whiteh

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

メンバーのみ編集できます