「レックス家は俺の手で必ず潰す。お前たちは手を出すな」
階級
大将
年齢/性別/身長
38/男性/185

レックス家とライバルな家柄の長男(レックス家の長男と同期)
目的のためには手段を択ばない。

祖父の代からレックス家と争っていて、他の家の事はお互いにほとんど眼中にない。
祖父と父は大将どまり、大統領になることは叶わなかったのでお互いを抑制し、大統領となることが両家の悲願。



赤軍幼年学校→赤軍士官学校→赤軍大学 卒
エリート中のエリート

レックス家の事で死ぬほど頭がいっぱいだが、それを除けば完璧と言っても過言ではない男。
性格は比較的温厚で大多数から支持されているがレックス家に関する事で思い通りにいかないと人が変わってしまい、怒り狂う。
怒ると手を付けられない(手足が出る、物に当たる等)ので、ゲオルクの見えるところではレックス家に触れないほうがいい、とういうのがイクリプス隊の一部では暗黙の了解になりつつある。

酒が大好きで、特にウイスキーやブランデー、ワインなどの醸造酒が好きな傾向にある。
仕事が終わると直ぐに風呂に入り、夕食の時間に酒を開け、酒瓶を抱きながら眠る。これがゲオルクの毎日の終業後のルーティーン。
が、プライベートの事はそんなに公言しないので酒瓶を抱きながら眠る事は誰も知らない。

酒に酔うとだいたいイクリプス家長男の血が沸騰して声を大にしてレックス家とイクリプス家の因縁についてあつーーーーく語りだす。
祖父や父から幾度ともなく聞かされた事を一期一句違わず語るし、酒場で隣に座った知らないおじさんにも語りだす時がある。

戦争によって左上腕を失い、義手を装着している。義手であることを隠している訳ではないが左手には黒い手袋をしている。
幼少の頃からピアノを趣味としていたが祖父や父にピアノを習う暇があるなら勉強をとピアノを奪われ、義手になりピアノを殆ど弾けなくなった。

イライラした時にピアノを軽く弾くが左手は殆ど弾けないのと、全てにおいて思い通りに事が進まない事に更に腹が立ち直ぐにやめてしまう。



---

自己紹介をしてください。
「ゲオルク・イクリプスだ。軍人であれば聞いた事くらいはあるだろう。」

好きな物や趣味などを教えてください。
「酒は毎日嗜んでいる。これがないと1日を締めくくれん。
昔はピアノも少しかじったが父と祖父に男がピアノを弾くな、1日も早く軍人になれと叱咤されてからはあまり弾かなくなった。
何年前だったか、左腕を失ってからは殆ど弾いていない。はは、こんな話を聞かされても困るだけだろう。悪いな。」

なにか嫌いな物、怖い物はありますか?
理由もおしえてください。
「レックス家に手を出す者が嫌いだ。誰に許可を得ている?レックス家とライバル関係にあるのはこのイクリプス家だ。
横から餌を狙う禿鷹にくれてやる餌はない。見つけ次第排除する。
俺は時期大統領となりレックス家に苦渋を味あわせる、ただそれだけの為に生きているんだ。」

身近な人を最低3人挙げ、その人のことについて語ってください。
「ルーカスとは随分と長い付き合いになるな。俺が酔うと収拾するのがルーカスだ。確かな腕を持っているから何を任せても不安を抱くことはないな。
扱いが難しいがこちらが手綱を握ってやればしっかり働くのがユヅだ。
ミネルヴァはあまり派手な格好をするなとルーカス伝いで言わせている。」

あなたの国のことや、戦争についてどう思っていますか?
「全てはイクリプス家の勝利の為。国や戦争については協議のルールに過ぎない。」

親/ID
つぐ/@tuguojiS

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 メンバー のみがコメント投稿可能な設定になっています。

メンバーのみ編集できます